アンドレイガブリーロフ バッハ ゴルトベルク変奏曲CD

ゴルトベルク変奏曲はとても好きな曲で、チェンバロよりもピアノの音色のほうが好みなのでピアノによるゴルトベルク変奏曲は何枚も持ってます。
ピアノでのバッハはグレン・グールドが圧倒的に有名で、もちろんあとで取り上げますが、今回はマイナーな方から。

アンドレイガブリーロフはロシア人ピアニストで、国内知名度は低いと思います。
元は指が早く回るタイプのピアニストで、ラフマニノフの協奏曲なんかも高速で弾いてます。

ドイツ・グラモフォンに移籍してから、バッハのゴルトベルク変奏曲を収録。
ガブリーロフはそれまではバッハにあまり関心が無かったと思うのですが、とにかく移籍をきっかけにこのCDが生まれたのだから、私にとっては良かったと思ってます。

基本的にスタッカートを多用する点描タイプで、アンドラーシュ・シフの旧演奏に似てますが、部分的に刺すようなアクセントをつけてるので、その意味ではグレン・グールドにも似てます。
繰り返しを全て演奏し、繰り返しでは音量を変えたりペダルを踏んだり、装飾音は基本的には楽譜の指示のままですが、一部の装飾を変えたりと工夫しています。
要所でペダルを踏むので、初期ロマン派の音楽のようにも聞こえます。
テンポはそれぞれの曲の様式に合わせてるので、30曲の変奏に統一感はありません。
ただし一部の曲は(第13変奏など)は様式を無視して快速。この意図はちょっとわからないです。
アリアは最初と最後、どちらも穏やかな感じ。どちらも4分48秒で同じ長さなので、本当に収録したのかなという気もします。


バッハ:ゴルトベルク変奏曲

アファナシエフ ムソルグスキー展覧会の絵CD

個人的にはピアノの展覧会の絵の中で一番好きな演奏です。
遅いというイメージのアファナシエフの展覧会の絵ですが、全体的には言うほど遅くはないです。
アファナシエフは内声をはっきり聞かせるタイプで、この演奏も同様。
グレン・グールドのような点描的にスタッカートを多用し、妙な間を開けて音を明確に区切ったりしてますが、その意味はよくわかりません。
一見、学生が遅いテンポで練習しているかのようにも聞こえます。
ただ、そういう区切り方が正しいように感じます。
何かをイメージさせようとするのではなく、楽曲の構造を際立たせたいのかなという印象です。

1曲目の小人は明らかに遅いです。
最後のトリルはあまり上手くないように感じますが、アファナシエフだと意図的にそうしているかのようにも聞こえてしまいます。
またその後の上昇音型もよく聞くと、ただつなげて弾かずに2つに区切ってるように聞こえます。

2曲目の古城は普通のテンポです。

3曲目のテュイルリーの庭の最初は遅め。
ここも点描的。子どもが遊んでいる様子らしいので、点描的だと小さな子が遊んでいるように聞こえます。

ブイドロも遅いです。
元は「牛車」という意味ですが、ポーランド語で虐げられた人という意味があり、実はポーランドの圧政に苦しむ民衆を描いたらしく、そう考えるとこの曲は重々しい遅いテンポの方が相応しいと思います。
テンポが早いと颯爽とした勇ましい曲に聞こえてしまいます。

卵の殻をつけた雛の踊りは標準的なテンポよりわずかに遅いのですが、点描的。
ただし部分的に妙な間を開けてます。
実際の元絵は人間が殻の着ぐるみを着ているような絵らしいんですけど、本当に小さな卵が踊っているかのように聞こえます。

サミュエルゴールデンベルクとシュミイレも遅めですが、点描的で装飾も綺麗なので金貸しに哀れみを乞うようには聞こえず、激しい雨が降った後の雨だれのように聞こえます。

リモージュの市場は普通のテンポなんですが、点描的。
でも楽譜に全曲に渡ってスタッカートで弾くよう指示があるので、点描的に弾く方が正しいのだと思います。

カタコンベも普通のテンポです。ただしこの曲では妙な間があって、リタルダンドなのか意図的な間なのか区別はつかないです。

バーバ・ヤーガも遅めで点描的で、低音部が重機関車の発車など大きな機械の動作を思わせます。元絵は置物のデザインだそうですが、バーバ・ヤーガ≒魔女が住む家を描いたようには聞こえません。

キエフの大きな門も普通のテンポです。
所々妙な間を開けるのは相変わらず。
このような間は、残念ながら作曲理論は知らないので、私には何か意味ありげな気がするだけです。


ムソルグスキー:展覧会の絵

ザ・フィルハーモニクス来日2014

2007年にウィーンフィルとベルリンフィルのメンバーが集って結成した室内アンサンブル「ザ・フィルハーモニクス」が、2014年にも来日するようです。

私はこの楽団を知りませんでした。
2013年10月に来日しています。
そのときの公演が好評だったようです。
しかも去年は無料だったとか。
残念ながら今年は有料です。

評判を調べても好評ですし、目新しい楽団の来日公演なので取り上げました。

2014年6月18日(水) チケット一般販売 / 大阪府オリックス劇場

2014年6月19日(木) チケット一般販売 / 鹿児島県宝山ホール

2014年6月20日(金) WEB特別販売6500円→5000円 / 東京芸術劇場コンサートホール

2014年6月21日(土) チケット一般販売 / 愛知県豊田市コンサートホール

2014年6月22日(土) チケット一般販売 / 福岡県久留米石橋文化ホール

第一ヴァイオリン:ティボール・コヴァーチ
第二ヴァイオリン:ローマン・ヤーノシュカ
ヴィオラ:ティロ・フェヒナー
チェロ:シュテファン・コンツ
コントラバス:エーデン・ラーツ
クラリネット:ダニエル・オッテンザマー
ピアノ:フランティシュク・ヤノーシュカ

曲目は、

ピアソラ:リベルタンゴ
プロコフィエフ:ロミオとジュリエット
クライスラー:美しきロスマリン
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
リムスキー=コルサコフ:くまんばちの飛行
コリア:スペイン

まだ詳細が決まってないようです。

レスピーギのローマの松 日本フィルハーモニー交響楽団第362回名曲コンサート

日本フィルハーモニー交響楽団の第362回名曲コンサートに、レスピーギのローマの松が取り上げられるようです。

個人的にとても好きな曲なのでこの公演を紹介します。
レスピーギはクラシックを聴き始めた初期の頃からずっと好きです。
他にもボッティチェリの3枚の絵など、色彩感が豊かな曲から聴き始めました。
聴き始めた当初は、ベートーヴェンやらモーツァルトなんか「なんのこっちゃ?」という感じでした。

チケット一般販売 / レスピーギのローマの松 日本フィルハーモニー交響楽団第362回名曲コンサート

プログラム:
ロッシーニ:オペラ「セヴィリアの理髪師」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」
プッチーニ:オペラ「マノン・レスコー」より第3幕への間奏曲
レスピーギ:交響詩「ローマの松」

指揮:三ツ橋敬子
ピアノ:菊池洋子

辻本玲 第12回斉藤秀雄メモリアル基金賞受賞記念コンサート

チェリストの辻本玲による2013年度の斉藤秀雄メモリアル基金賞の受賞記念リサイタルが、2014年10月13日(月)にトッパンホールにて行われます。

あの五嶋みどりが「LOVEが伝わってくる」と評価したそうです。

ベートーヴェン:「魔笛」の主題による7つの変奏曲
シューマン:幻想小曲集
ブラームス:チェロソナタ第1番
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ
ショスタコーヴィチ:チェロソナタ

チケット先着販売「プリセール」辻本玲 第12回斉藤秀雄メモリアル基金賞受賞記念コンサート

10代のためのプレミアムコンサート アルカント・カルテット

10代のためのプレミアムコンサート第3弾は、弦楽四重奏団アルカント・カルテットの公演です。

知らない楽団でしたが結成は2002年で、デビューは2006年なので、まだ新しい楽団です。
うちタベア・ツィンマーマンは知っていますが、実演は聴いたことはありません。
唯一、昔のNHKラジオでヒンデミットの白鳥を焼く男を聞いたことがあるくらい。
ネット上に動画も無いようで、どういう演奏傾向かちょっと想像付きかねますが、ひとりひとりがソリストとしても活躍しているそうです。
バルトークの弦楽四重奏曲のCDがレコード芸術大賞となったことがあるそうです。

公演日は、2014年10月5日(日)
会場は、東京都の第一生命ホールです。

チケット抽選販売「プレリザーブ」10代のためのプレミアムコンサート アルカント・カルテット

NHK音楽祭2014

NHKが2002年から毎年行っている音楽祭が2014年度も10月に行われます。
2014年は後期ロマン派をテーマに、ブルックナー、マーラー、リヒャルト・シュトラウスを取り上げるようです。

チケット一般販売 / NHK音楽祭2014

2014年10月2日(木)のプログラム:
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンチック」ノヴァーク版
指揮:マルティン・ジークハルト
ピアノ:ユリアンナ・アヴデーエワ
NHK交響楽団

2014年10月17日(金)のプログラム:
R.シュトラウス:楽劇「サロメ」演奏会形式ドイツ語上演
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
マリインスキー劇場管弦楽団

ワレリー・ゲルギエフ&マリインスキー劇場管弦楽団2014来日

2014年10月29日(火)のプログラム:
シューベルト:交響曲第6番
マーラー:交響曲第5番
指揮:ズービン・メータ
イスラエルフィルハーモニー管弦楽団

ズービン・メータ&イスラエルフィルハーモニー管弦楽団2014来日