仲道郁代~フォルテピアノ聴き比べ~W.A.モーツァルトの時代

仲道郁代のフォルテピアノ聴き比べ企画公演として、
オールモーツァルトプログラムの演奏会が行われます。

去年も似たような企画公演が行われていました。
仲道郁代with響ホール室内合奏団オリジナル楽器シリーズ

公演日は、2014年12月6日(土)
会場は、東京都八王子市芸術文化会館いちょうホール大ホール

チケット一般販売 / 仲道郁代~フォルテピアノ聴き比べ~W.A.モーツァルトの時代

プログラム:
フランスの歌「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲ハ長調(きらきら星変奏曲)
ピアノ・ソナタ第11番イ長調トルコ行進曲より 第3楽章「トルコ行進曲」
ロンド イ短調
ピアノ・ソナタ第8番イ短調
ロンド ニ長調
幻想曲ニ短調
ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調

チェコ・フィルハーモニー弦楽三重奏団2014来日&笠原純子

チェコ・フィルハーモニー三重奏団の来日公演が、2014年12月7日(日)に京都コンサートホールにて行われます。

知らない楽団でしたが、チェコ・フィルハーモニー八重奏団が母体だそうです。
三重奏団の結成は2012年。

また日本人ピアニストの笠原純子も参加します。

ヴァイオリン:オタ・バルトシュ/チェコ・フィル第1ヴァイオリン奏者
ヴィオラ:ヤロスラフ・ポンヂェリーチェク/チェコ・フィル首席ヴィオラ奏者
チェロ:フランティシェク・ホスト/チェコ・フィル首席チェロ奏者、元コンサートマスター(2013年退任)
ピアノ:笠原純子

チケット抽選販売「プレリザーブ」チェコ・フィルハーモニー弦楽三重奏団2014来日&笠原純子

プログラム:
ドヴォルザーク:ソナティナ・ト長調 op.100 (Vn&Pf)
プッチーニ:名曲集~ある晴れた日に/私のお父さん/星は光りぬ/誰も寝てはならぬ~ (Vla&Pf)
シューマン:幻想小曲集 op.73 (Vc&Pf)
ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番ト短調 op.25

第九と皇帝2014

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」と交響曲第九番とを演奏する「第九と皇帝」の2014年度の公演は、2014年12月1日(月)にサントリーホール大ホールにて行われます。

楽団員はこの公演の為に在京オーケストラから選抜されています。

指揮:熊谷弘
演奏:クラシックスフィルハーモニー交響楽団
ピアノ:今井顕
ソプラノ:日下部祐子
アルト岩森美里
テノール:鈴木准
バリトン:有川文雄
合唱:東京混声合唱団 / 他

チケット抽選販売「プレリザーブ」第九と皇帝2014

第12回東京音楽コンクール優勝者コンサート

第12回東京音楽コンクールの優勝者のコンサートが、2015年1月12日(月)に東京文化会館大ホールにて行われます。

優勝者は今のところは決まっていません。
8月22日~26日にそれぞれの部門で決定するので、
後に情報追加します。

第12回東京音楽コンクール優勝者コンサート

指揮:円光寺雅彦
演奏:読売日本交響楽団
司会:朝岡聡

チョン・ミュンフンプロジェクト in アクロス福岡2014 アジアフィルハーモニー管弦楽団 ベートーヴェン 三重協奏曲

チョン・ミュンフンプロジェクトと題するアクロス福岡が主催するユースオーケストラの育成プログラムと、日中韓のオーケストラ奏者による混声オーケストラ「アジア・フィルハーモニー管弦楽団」の演奏会が、アクロス福岡にて行われます。

世界的指揮者のチョン・ミュンフンが日本でこのような企画をやっていたとは知りませんでした。
今年で3年目のようです。
曲もめったに実演を聞けない、ベートーヴェンの三重協奏曲ですし、取り上げる価値があると判断しました。
それに、チョン・ミュンフンが弾き振りを演るようです。これも珍しいのではないかと思います。

ユース・オーケストラの公演日は、7月26日(土)。
日中韓の混声オーケストラの公演日は、2014年9月3日(水)に行われます。

チケット一般販売 / チョン・ミュンフンプロジェクト in アクロス福岡2014 アジア・フィルハーモニー管弦楽団公演


9月4日(木)、8日(月)にも同内容の公演が行われます。

2014年9月4日(木) チケット一般販売 / チョン・ミュンフンプロジェクト 2014 アジア・フィルハーモニー管弦楽団 サントリーホール公演

ゲネプロ鑑賞券付きチケット / チョン・ミュンフンプロジェクト 2014 アジア・フィルハーモニー管弦楽団 サントリーホール公演

2014年9月8日(月) チケット一般販売 / 富山県オーバードホール

プログラム:
ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリンとチェロの為の三重協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第7番ニ短調

指揮・ピアノ:チョン・ミョンフン
ヴァイオリン:ロバート・チェン
チェロ:ソン・ヨンフン

現代音楽みたいに聞こえる自動作曲プログラムIamus

Iamusと呼ばれる自動作曲プログラムで作曲した曲がYouTubeに掲載されています。
当ブログの主旨と異なりますが、面白い動画なので取り上げました。
現代音楽というか、無調的な小品という感じに聞こえます。

Iamus Computer — Hello World!
(クラリネットとヴァイオリンとピアノの為の小品)

Cristo Barrios, clarinet
Cecilia Bercovich, violin
Gustavo Díaz-Jerez, piano

Iamus Computer — Nasciturus, for viola d’amore and harpsichord
(ヴィオラとハープシコードの為の小品)

Sviatoslav Belonogov, viola d’amore
Gustavo Díaz-Jerez, harpsichord.

Iamus Computer — Colossus, for piano solo
(ピアノの為の小品)

Gustavo Díaz-Jerez, piano

0歳からの音楽会石川県北国新聞赤羽ホール公演

ズーラシアンブラス主体の演奏で、0歳から聞けるクラシックの音楽会が、2014年11月1日(土)に石川県北国新聞赤羽ホールにて行われます。

プログラム:
ショパン:革命
ビタースイート・サンバ
ラテンDEジブリ
黒いオルフェ
イパネマの蝶々
ラ・バンバ
ほか

チケット一般販売 / 0歳からの音楽会石川県北国新聞赤羽ホール公演

指揮:オカピ
トランペット:インドライオン、ドゥクラングール
ホルン:マレーバク
トロンボーン:スマトラトラ
テューバ:ホッキョクグマ
パーカッション:ドール
アルトサックス:ラトゥール
フルート:ヒメタテハ
ピアノ:ベス

ジャン=マルク・ルイサダ来日2014

チュニジア出身でフランスの音楽院で学んだ、ジャン=マルク・ルイサダの来日公演が、2014年11月に行われます。

基本、端正な演奏をする人ですが、要所ではテンポを揺らしたりするタイプです。それが優雅さを感じさせる一因になっています。
それでショパンの演奏に定評があります。
華麗なる円舞曲を華麗ではなく「優雅」に弾く感じのピアニストです。
去年はショパンのワルツ全曲演奏会をやっていました。
ジャン=マルク・ルイサダ来日公演ショパンのワルツ全集演奏会

学究的・衒学的な演奏には反対なようで、近年のエモい演奏が流行り始めているのを好ましく思っているみたいです。(ご本人はエモいという言い方はしていません)

プログラムは不明ですが、後日追加します。

公演日程は以下のとおりです。
有名どころではやらないんですねえ。

2014年11月7日(金) 福岡県大野城まどかぴあ大ホール

2014年11月14日(金) 愛知県宗次ホール

2014年11月24日(月) チケット一般販売 / 東京都紀尾井ホール

関西フィル「第九」特別演奏会2014

関西フィルハーモニー管弦楽団による、ベートーヴェンの第九特別演奏会が2014年12月14日(日)に大阪府のザ・シンフォニーホールにて行われます。

プログラム:
ベートーヴェン:「プロメテウスの創造物」序曲
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

プロメテウスの創造物序曲を演奏するのはちょっと意図がわからないですね……。
直後に続く第1楽章と、曲のつながりが合わないような気がするんですけど。

チケット一般販売 / 関西フィル「第九」特別演奏会2014

指揮:矢崎彦太郎
ソプラノ:砂川涼子
アルト:福原寿美枝
テノール:二塚直紀
バリトン:福島明也

合唱:田辺第九合唱団

三善晃オペラ「遠い帆」再演

慶長遣欧使節出帆400年記念として2013年に上演された、オペラ「遠い帆」を新国立劇場で再演するそうです。

遠い帆は、三善晃が作曲した唯一のオペラで、初演は1999年。

前回公演が大成功だったらしく、再演することになったようです。

上演日程は、2014年8月23日(土)と24日(日)の2日間。
会場は、新国立劇場中劇場。

チケット一般販売 / 三善晃オペラ「遠い帆」再演

演出:岩田達宗
指揮:佐藤正浩
支倉六右衛門常長:小森輝彦
ルイス・ソテロ:小山陽二郎
徳川家康:井上雅人
伊達政宗:金沢平
影:平野雅世

演奏:仙台フィルハーモニー管弦楽団
合唱:オペラ「遠い帆」合唱団 / NHK仙台少年少女合唱隊