ベルリンフィル12人のチェリストたち2014来日

2012年に結成40周年記念来日公演を行った「ベルリンフィル12人のチェリストたち」が再来日します。

実演も録音も聞いたことのない団体ですが、ベルリン・フィルのチェロセクションのみのアンサンブルで、どの公演でもポップスもクラシックも演ってるようです。
耳で聞くだけだと、チェロのみとは思えない普通の弦楽合奏のようなサウンド。
一部のソロパートはヴァイオリンパートやヴィオラパートのような音に聞こえます。
恐らく高音部でチェロくささを消すよう、ハーモニクス奏法に近い弦の押さえ方じゃないかと想像しますが、合ってるかはわかりません。

30周年記念ドキュメンタリーが公式YouTubeアカウントで公開されています。

Documentary of the 12 Cellists of the Berlin Philharmonic (2002)

2014年7月6日(日) チケット一般販売 / サントリーホール大ホール

2014年7月7日(月) チケット一般販売 / 京都コンサートホール大ホール

2014年7月9日(水) チケット一般販売 / アクロス福岡

プログラム:
バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番
シューマン:森の情景Op.82より
ジョン・ウィリアムス:映画「シンドラーのリスト」より”メインテーマ”
ピアソラ:「カランブレ」「カリエンテ」
グランダ:肉桂の花
バーナード・ハーマン:映画「めまい」より“ラブ・シーン”
ジョージ・シアリング:バードランドの子守唄
ギルキソン:映画「ジャングル・ブック」より”ベア・ネセシティーズ”

クラシックとしては珍しく、ベスト盤もあります。


ザ・ベスト ベルリン・フィル12人のチェリストたち