イングリット・フジコ・ヘミング&スロヴァキア国立放送交響楽団2014来日

ピアニストのイングリット・フジコ・ヘミングと、来日するスロヴァキア国立放送交響楽団との共演が、2014年12月各地で行われます。

スロヴァキア国立放送交響楽団なんて聞いたことはありませんが、フジコ・ヘミングは好きなピアニストのひとりなので取り上げました。

まだプログラムは不明ですが、ロシアものでしょうか。
皇帝をやるみたいですね。
正直、あまり皇帝の演奏は「らしい」という気はしませんが、CDのの方は古楽奏法を取り入れた演奏だそうで、生演奏でも同様の弾き方になると思われます。

2014年12月4日(木) チケット一般販売 / 東京オペラシティ公演

2014年12月7日(日) チケット抽選販売「プレリザーブ」徳島県アスティとくしま公演

プログラム:
スメタナ:交響詩「我が祖国」より「モルダウ」
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
リスト:ラ・カンパネラ
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

フジコ・ヘミング&N響 モーツァルトのピアノ協奏曲第21番

イングリット・フジコ・ヘミングのピアノ、「N響の仲間たち」という室内アンサンブル研究グループによる演奏で、
モーツァルトのピアノ協奏曲第21番ハ長調ほかの公演を行います。

会場は、武蔵野市民文化会館大ホール
公演日は、2014年6月21日(土)

リストとモーツァルトはちょっと意外な選曲ですね。
曲想も陰鬱感を含むラ・カンパネラとピアノ協奏曲ハ長調とは違うし、そもそも作風も違うじゃないですか。

プログラム:
リスト:ラ・カンパネラ
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467

チケット一般販売 / フジコ・ヘミング&N響 モーツァルトのピアノ協奏曲第21番


2014年6月26日(木)に、リンクステーションホール青森(青森市文化会館)大ホールにて同様の公演が行われます。
東奥日報文化財団設立を記念したコンサートらしいです。

曲目はオールモーツァルトで、こちらのほうが作風も曲想も統一感あります。

プログラム:
モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調K.136
モーツァルト:交響曲第41番ハ長調「ジュピター」K.551
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467

チケット一般販売 / フジコ・ヘミング&N響 モーツァルトのピアノ協奏曲第21番

イングリット・フジコ・ヘミング&ヴァスコ・ヴァッシレフ2014

イングリット・フジコ・ヘミングのピアノ、ヴァスコ・ヴァッシレフのヴァイオリンによるデュオ・リサイタルが、翌年4月に各地で行われます。

3月30日(日) チケット一般販売 / ひめぎんホール・メインホール(兵庫県)

4月9日(水) チケット一般販売 / 茅ヶ崎市民文化会館

4月12日(土) チケット先行抽選「プレリザーブ」東京オペラシティ

4月18日(金) チケット一般販売 / きゅりあん(品川区立総合区民会館)大ホール(東京)

4月26日(土) チケット先行抽選「プレリザーブ」紀尾井ホール

4月29日(火) チケット一般販売 / 狭山市市民会館