ギドン・クレーメル&クレメラータ・バルティカ2015来日

2015年4月に来日公演を行ったギドン・クレーメルですが、10月にもクレメラータ・バルティカを率いて10月に再来日します。

クレメラータ・バルティカとは、ギドン・クレーメルが設立した室内管弦楽団です。

プログラムは独特で、しかも委嘱作品もあり、力を入れていることがわかりますねえ。

ラスカトフ:チャイコフスキー「四季」からのダイジェスト
ピアソラ:ブエノスアイレスの四季
フィリップ・グラス:ヴァイオリン協奏曲第2番「アメリカの四季」
梅林茂:日本の四季(委嘱新作)

公演日程と会場は、以下の通りです。

10月21日(水) サントリーホール公演

10月24日(土) 愛知県芸術劇場コンサートホール公演

10月25日(日) 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

ギドン・クレーメル&トンヨンフェスティバルオーケストラ2015来日

トンヨンフェスティバルオーケストラは知らない楽団ですが、ギドン・クレーメル来日で共演する楽団のようです。
韓国のオーケストラらしいです。
一応、ギドン・クレーメルの来日とのことなので取り上げました。

プログラム:
イ・サンユン:礼楽
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
マーラー:交響曲第4番

イ・サンユンとは同名の俳優がいますが、韓国の現代作曲家の方。
現代音楽は割りと聞きますが、イ・サンユンは知りませんでした。
トンヨンフェスティバルオーケストラは、このイ・サンユンが設立したそうです。
ドイツで十二音技法を学んだそうです。
後に西洋の伝統的な音楽を作るようになったそうです。
礼楽は1966年なので十二音技法時代ですかね。
Wikipediaの作品一覧を見ても、1966年は管弦楽曲はリアークという作品しかないので、これが礼楽かなと思いますが。
ギドン・クレーメルとのつながりはイ・サンユン関係なんですかね。
調べたんですが、よくわかりませんでした。

公演日は、2015年4月7日(火)。
会場は、石川県立音楽堂コンサートホールです。

チケット一般販売 / ギドン・クレーメル&トンヨンフェスティバルオーケストラ2015来日

ギドン・クレーメル&チューリヒ・トーンハレ2014来日公演

ギドン・クレーメルのヴァイオリン、デイヴィッド・ジンマンの指揮、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団の来日公演が2014年4月に各地で行われます。

4月11日(金) チケット一般販売 / アクロス福岡公演 プログラムB

4月12日(土) チケット一般販売 / 第37回名古屋国際音楽祭(愛知県芸術劇場公演) プログラムA

4月13日(日) チケット一般販売 / 第52回大阪フェスティバル2014(フェスティバルホール公演) プログラムA

4月15日(火) チケット一般販売 / 札幌コンサートホールKitara公演 プログラムB

4月17日(木) りゅーとぴあオンラインチケット / りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館公演 プログラムB

4月18日(金)と19日(土) チケット一般販売 / サントリーホール公演 プログラムA(18日) プログラムB(19日)

プログラムA
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61
ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68

プログラムB
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219
ブラームス:交響曲第4番ホ短調op.98