大阪4大オーケストラの饗宴

第53回大阪国際フェスティバルにて、大阪4大オーケストラが出演する「大阪4大オーケストラの饗宴」という公演を行うようです。

面白そうな企画なので取り上げました。

プログラムは

黛敏郎:バレエ音楽「BUGAKU(舞楽)」(関西フィル&指揮:藤岡幸夫)
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」(日本センチュリー&指揮:飯森範親)
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)(大阪交響楽団&指揮:外山雄三)
ベートーヴェン:交響曲第7番(大阪フィル&指揮:井上道義)

これだけ出演してチケット代が8000円なのは安いですねえ。
ただ、選曲がバラバラなので聴き比べる意義は薄いように思いますが。

黛敏郎をやるくらいなら、他も有名曲でなく日本の作曲家とかにすればいいのにと思うのですが、商業的にはしょうがないんでしょうね。

公演日は、2015年4月22日(水)。
会場は、大阪府のフェスティバルホールです。

チケット一般販売 / 大阪4大オーケストラの饗宴

チケットぴあ

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック情報へ 人気ブログをblogramで分析 ブログランキング 音楽ブログランキング