新国立劇場オペラ鹿鳴館2014

三島由紀夫の名作戯曲が2010年に新国立劇場の委嘱によりオペラ化し、大評判となりました。
2014年6月に再び上演されます。


鹿鳴館 (新潮文庫)

チケット先着販売「プリセール」新国立劇場オペラ鹿鳴館2014

新国立劇場の中劇場にて、2014年6月19日(木)、20日(金)、21日(土)、22日(日)の4日間行われます。

演出:鵜山仁
指揮:飯森範親
影山悠敏伯爵(バリトン):黒田博(6月19日、21日)/与那城敬(6月20日、22日)
朝子(ソプラノ):大倉由紀枝(6月19日、21日)/腰越満美(6月20日、22日)
季子(メゾソプラノ):手嶋眞佐子(6月19日、21日)/谷口睦美(6月20日、22日)
顕子(ソプラノ):高橋薫子(6月19日、21日)/幸田浩子(6月20日、22日)
清原永之輔(バリトン):星野淳(6月19日、21日)/宮本益光(6月20日、22日)
久雄(テノール):経種廉彦(6月19日、21日)/鈴木准(6月20日、22日)
女中頭 草乃(メゾソプラノ):山下牧子(6月19日、21日)/与田朝子(6月20日、22日)
則子(ソプラノ):鵜木絵里
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団

舞台劇は映像化されていますが、オペラの映像化は残念なことにありません。


劇団四季 鹿鳴館 [DVD]

チケットぴあ

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック情報へ 人気ブログをblogramで分析 ブログランキング 音楽ブログランキング