新国立劇場オペラ R.シュトラウスのアラベッラ

新国立劇場オペラ2013/2014シーズンとして、R.シュトラウスのオペラ「アラベッラ」のドイツ語&字幕付き上演が行われます。

オペラはなるべく取り上げていますが、これはあまり上演の機会のない珍しいオペラなので取り上げました。

CDも輸入盤しか無いようです。


R. シュトラウス: 4つの最後の歌、アラベッラ、カプリッチョ、薔薇の騎士 (Strauss: Vier letzte Lieder, Arabella, Capriccio, Der Rosenkavalier / Anne Schwanewilms, Gurzenich-Orchester Koln, Markus Stenz) [輸入盤]

公演日は、2014年5月22日(木)、25日(日)、28日(水)、31日(土)、6月3日(火)の5日間。

会場は、新国立劇場オペラパレスです。

先行先着「プリセール」新国立劇場オペラ R.シュトラウスのアラベッラ

演出:フィリップ・アルロー
指揮:ベルトラン・ド・ビリー
独唱:アンナ・ガブラー(S) / アニヤ=ニーナ・バーマン(S) / ヴォルフガング・コッホ(Br) / スティーヴ・ダヴィスリム(T) / 安井陽子(S) / 他
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団

チケットぴあ

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック情報へ 人気ブログをblogramで分析 ブログランキング 音楽ブログランキング