オーケストラ・ニッポニカ 安部幸明 演奏会

オーケストラ・ニッポニカによる「安部幸明」の曲の演奏会が、2014年11月9日(日)に東京都の紀尾井ホールにて行われます。

オーケストラ・ニッポニカとは、芥川也寸志のメモリアルオーケストラで、設立は2002年。
半年程度の期間で定期公演を行っているようです。

安部幸明という作曲家も知りませんでしたが、日本の現代音楽作曲家らしいです。
ただし、新古典主義の作曲家だそうです。

YouTubeで動画を見つけましたが、確かに調性音楽ですね。
この曲は映画音楽というか、劇付随音楽と言えばいいのか、場面展開に合わせて曲想が変化しているように感じます。
安部幸明 アルト・サックスと管弦楽のための喜遊曲第1楽章

知名度はないのに、この作曲家の曲のみでプログラムを組むとはかなり意欲的なものを感じるので、取り上げることにしました。

プログラム:
安部幸明:オーケストラのためのセレナーデ (1963)
安部幸明:オーケストラのための交響的スケルツオ (1939) ※世界初演
安部幸明:弦楽のためのピッコラシンフォニア (1985)
安部幸明:交響曲第2番 (1960)

チケット一般販売 / オーケストラ・ニッポニカ 安部幸明 演奏会

伊福部昭シンフォニア・タプカーラ&オーケストラ・ニッポニカ

オーケストラ・ニッポニカという楽団による、
伊福部昭のシンフォニア・タプカーラほかのコンサートが、
紀尾井ホールにて2014年5月11日(日)に行われます。

チケット一般販売 / 伊福部昭シンフォニア・タプカーラ&オーケストラ・ニッポニカ

指揮:阿部加奈子
ヴァイオリン:高木和弘

オーケストラ・ニッポニカという楽団が存在することは全く知りませんでした。
芥川也寸志メモリアルオーケストラで、設立は2002年らしいです。
オーケストラ・ニッポニカ公式サイト

日本を代表する作曲家である伊福部昭のシンフォニア・タプカーラという、あまり実演の機会の無い楽曲なので取り上げました。
プログラムは以下のとおりで、未知の曲の日本初演も含まれることも取り上げた理由のひとつです。

A.N.チェレプニン:交響曲第1番ホ長調作品42(1927)※日本初演
池野成:ラプソディア・コンチェルタンテ(1983)(ヴァイオリン:高木和弘)
伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ

A.N.チェレプニンも池野成も知らない作曲家です。
動画も見つからないし、録音もナクソスくらいしか無いみたいです。
チェレプニン:交響曲第1番, 第2番/ピアノ協奏曲第5番(小川典子/シンガポール響/シュイ)