プラハ・フィルハーモニア管弦楽団2015来日

チェコのプラハ・フィルハーモニア管弦楽団が2015年2月に来日公演を行います。
同時に首席指揮者のヤクブ・フルシャも来日します。

ヤクブ・フルシャは、グラモフォンの企画で今後大指揮者になりそうな若手指揮者10人のうち1人に選ばれたことがあるそうです。
プラハ・フィルハーモニアの来日は2012年以来、2回目のようです。

プログラムはなんと、スメタナの連作交響詩「わが祖国」全曲。
2015年2月5日(木)に東京芸術劇場にて行われます。

チケット一般販売 / プラハ・フィルハーモニア管弦楽団2015来日 東京芸術劇場公演

珍しい楽団と公演内容なので取り上げました。

また、2月3日(火)に札幌コンサートホールKitara、2月6日(金)にサントリーホールにて、2月7日(土)に鎌倉芸術館にて、2月8日(日)にフェスティバルホールにてミッシャ・マイスキーとの共演として、オールドヴォルザークプログラムの公演も行われます。

オールドヴォルザーク:
ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

いわゆる名曲路線ですね。

チケット一般販売 / プラハ・フィルハーモニア管弦楽団2015来日 札幌コンサートホールKitara公演

チケット一般販売 / プラハ・フィルハーモニア管弦楽団2015来日 サントリーホール公演

チケット一般販売 / プラハ・フィルハーモニア管弦楽団2015来日 鎌倉芸術館公演

チケット一般販売 / プラハ・フィルハーモニア管弦楽団2015来日 フェスティバルホール公演