マスネ「ウェルテル」全4幕仏語上演字幕付き

新国立劇場オペラ2015/2016シーズンとして「ウェルテル」を上演するようです。

ゲーテの「若きウェルテルの悩み」を原作としたオペラで、あのタイスの瞑想曲で有名なマスネが作曲。
ウェルテルの上演は国内では比較的珍しいと思うので取り上げました。
原作は正直言って面白くないんですが、マスネのメロティが好きな人・味わえれば良いという人向けですね。

マスネ「ウェルテル」全4幕仏語上演字幕付き

千住真理子 ヴァイオリンリサイタル2014

ストラディバリウス・デュランティを持つ千住真理子のヴァイオリン・リサイタルが2014年に各地で行われます。

曲目は情報判明後に追記します。

2014年2月16日(日) チケット一般販売 / ~ヴァイオリンが歌う、美しき心のふるさと~ 丸亀市民会館大ホール(香川県)

ピアノ:丸山滋


2014年3月2日(日) チケット一般販売 / 荒尾総合文化センター大ホール(熊本県)


2014年3月15日(土) チケット一般販売 / 深谷市花園文化会館アドニス(埼玉県)


2014年3月19日(水) チケット一般販売 / 石川県立音楽堂コンサートホール 千住真理子ヴァイオリンリサイタル~センチメンタルワルツ~

ピアノ:山洞智

J.S.バッハ:G線上のアリア
チャイコフスキー6つの小品より「感傷的なワルツ」
ドヴォルザーク:スラブ舞曲第1番
ショパン:12の練習曲より「別れの曲」
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン


2014年7月12日(土) チケット一般販売 / 軽井沢大賀ホール

ピアノ:山洞智

プログラム:
レスピーギ:シチリア―ナ
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番ヘ長調「クロイツェル」
ブラームス:ワルツ
チャイコフスキー:感傷的なワルツ
ヴィエニアフスキ:シャンソン・ポロネーズ
ショパン:別れの曲
千住明:andante
マスネ:タイスの瞑想曲
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン


2014年9月19日(金) チケット一般販売 / 東京オペラシティコンサートホール「アフタヌーンコンサートVol.4」

ピアノ:山洞智

チャイコフスキー6つの小品より「感傷的なワルツ」
ショパン:12の練習曲より「別れの曲」


2014年10月19日(日) チケット一般販売 / 福島県郡山市民文化センター中ホール

ピアノ:山洞智


2014年11月3日(月) チケット一般販売 / 京都コンサートホール大ホール

ピアノ:藤井一興

サン=サーンス:アヴェ・マリア 
マスネ:タイスの瞑想曲 
フォーレ:子守歌 
フォーレ:ヴァイオリンソナタ第1番 
ドビュッシー:小舟にて 
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ 
フランク:ヴァイオリンソナタ


みなとみらいアフタヌーンコンサート2014後期として、千住真理子のヴァイオリン・リサイタル「マイ・フェイバリットI」の演奏会が行われます。

2014年11月28日(金) チケット先着販売「プリセール」横浜みなとみらいホール大ホール

ピアノ:山洞智

バッハ:「心と口と行いと命もて」より「主よ、人の望みの喜びよ」
アメイジング・グレイス


ミューザ川崎ホリデーアフタヌーンコンサート2014後期として、千住真理子の「マイ・フェイバリッツII」の演奏会がミューザ川崎シンフォニーホールにて行われます。
みなとみらいと対になる公演のようです。

2014年11月29日(土) 神奈川県ミューザ川崎シンフォニーホール

ピアノ:山洞智

レスピーギ:「リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲」より シチリアーナ
ベートーヴェン:アダージョ・カンタービレ~「悲愴ソナタ」より
ドビュッシー:小舟にて
クライスラー:ジプシー奇想曲
滝廉太郎:荒城の月
越谷達之助:初恋
岡野貞一:故郷

イヴリー・ギトリス来日2014

イヴリー・ギトリスの来日リサイタルが2014年5月に各地で行われます。

東北大震災で多くの演奏家が来日公演を中止する中、親日家のギトリスはチャリティ公演を遂行したほど。
もう高齢ですが、演奏の衰えは感じさせないです。
ヴァイオリニストのホロヴィッツと言ったら語弊があるでしょうか。
ギトリスの「語法」は自由に小節を入れるというか、音程を微妙に変えて感情表現する感じです。
恐らく人間の歌唱を模している弾き方で、プラスヴァイオリンにしか出せない音の変化もって感じだと思います。
感情を揺さぶるような曲ならハマります。

2014年5月6日(火) チケット一般販売 / 紀尾井ホール

ピアノ:ヴァハン・マルディロシアン

プログラム:
クライスラー:小品集「愛の悲しみ」「美しきロスマリン」他
マスネ:タイスの瞑想曲
フランク:ヴァイオリンソナタイ長調
ほか

ヴェンゲーロフ・フェスティバル2014

マキシム・ヴェンゲーロフとポーランド室内管弦楽団の来日に合わせ、
「ヴェンゲーロフ・フェスティバル2014」という特別コンサートとリサイタルが、
サントリーホールにて行われます。

2014年5月26日(月)はポーランド室内管との共演。
2014年6月7日(土)はリサイタルです。

チケット一般販売 / ヴェンゲーロフ・フェスティバル2014

ポーランド室内管との共演の曲目は以下のとおりです。
特別ゲストはいないようなので、すべてヴェンゲーロフが弾くのだと思われます。

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調「トルコ風」 K.219
マスネ:歌劇「タイス」より、瞑想曲
チャイコフスキー:憂鬱なセレナード 作品26
チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」より、スケルツォ 作品42-2
チャイコフスキー:ワルツ-スケルツォ 作品34
サン=サーンス:ハバネラ 作品83
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28

リサイタルの曲目は以下のとおりです。

エルガー:ヴァイオリンソナタホ短調 作品82
プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第1番ヘ短調 作品80
ブラームス:スケルツォハ短調 (FAE.ソナタより第3楽章)
ブラームス:ハンガリー舞曲第2番
ドヴォルザーク(クライスラー編):スラヴ舞曲 第2番
ヴィエニャフスキ:レゲンデ 作品17
クライスラー:美しきロスマリン
クライスラー:愛の喜び
パガニーニ:24の奇想曲より第24番
イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番二短調「バラード」
サン=サーンス(イザイ編):ワルツ形式の練習曲 作品52-6

ピアノ:イタマール・ゴラン

マキシム・ヴェンゲーロフ&ポーランド室内管フェスティバルホール公演

ヴァイオリニストのマキシム・ヴェンゲーロフの弾き振り(ソリスト兼指揮)、
ポーランド室内管弦楽団の演奏によるコンサートツアーが大阪のフェスティバルホールにて行われます。
※ザ・シンフォニーホールと表記していましたが、正しくはフェスティバルホールです。
ヴァイオリニストの田中晶子もゲストとして出演するようです。

ヴェンゲーロフは一時期肩を傷めたことからヴァイオリン演奏は休止していたものの、2011年から活動再開。
休止期間は指揮者として活動したことから、今では弾き振りをやるようになってます。
モーツァルトの弦コン第3番と第5番のどちらをヴェンゲーロフが弾くのかはわかりません。
ふたつとも弾くならゲストは呼ばないでしょうし、肩の故障も考えるとひとつだけでしょう。

公演日は、5月27日(水)です。

チケット一般販売 / マキシム・ヴェンゲーロフ&ポーランド室内管フェスティバルホール公演

曲目は、第37回名古屋国際音楽祭 ポーランド室内管&ヴェンゲーロフと同じプログラムのようです。

プログラム:
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
マスネ:歌劇「タイス」より瞑想曲
チャイコフスキー:憂鬱なセレナード
チャイコフスキー:「なつかしい土地の思いで」よりスケルツォ
チャイコフスキー:ワルツ-スケルツォ
サン=サーンス:ハバネラ
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ

第37回名古屋国際音楽祭 ポーランド室内管&ヴェンゲーロフ モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番

第37回名古屋国際音楽祭で、ポーランド室内管弦楽団の演奏、マキシム・ヴェンゲーロフの指揮によるモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番ほかの公演が行われます。

公演日は、2014年5月28日(水)。
会場は、愛知県芸術劇場コンサートホールです。

チケット一般販売 / 第37回名古屋国際音楽祭 ポーランド室内管&ヴェンゲーロフ

プログラム:
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調「トルコ風」 K.219
マスネ:歌劇「タイス」より、瞑想曲
チャイコフスキー:憂鬱なセレナード 作品26
チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」より、スケルツォ 作品42-2
チャイコフスキー:ワルツ-スケルツォ 作品34
サン=サーンス:ハバネラ 作品83
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28