東京二期会オペラ劇場ヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」伊語上演日本語字幕付き

東京二期会オペラとして、ヴェルディの「イル・トロヴァトーレ」の上演を行います。
イタリアのパルマ王立歌劇場とヴェネチア・フェニーチェ劇場との提携公演とのこと。

知らないオペラですが、ヴェルディの中期の名作らしいです。
オペラはド名曲くらいしか知らないのもあるので、取り上げました。

公演期間は2月17日(水)、18日(木)、20日(土)、21日(日)の4日間。
会場は、東京文化会館 大ホールです。

東京二期会オペラ劇場ヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」伊語上演日本語字幕付き

東京二期会オペラ劇場「ダナエの愛」独語上演日本語字幕付き

東京二期会の2015-2016シーズンオペラとしてR.シュトラウスの「ダナエの愛」の上演が行われます。
原語(独語)上演で、日本語字幕付き、全3幕です。

知らないオペラですが、オペラの公演は何でも取り上げる方針なので掲載してます。

演出の「深作健太」という人は、あの映画監督の深作欣二の御子息らしいです。

公演日は、10月2日(金)、3日(土)、4日(日)の3日間。
会場は、東京二期会オペラ劇場です。

東京二期会オペラ劇場「ダナエの愛」独語上演日本語字幕付き

二期会ニューウェーブ・オペラ劇場「ジューリオ・チェーザレ」(エジプトのジュリアス・シーザー)

二期会ニューウェーブ・オペラとして、ヘンデルの「ジューリオ・チェーザレ」を上演します。
全3幕、原語(伊語)上演、日本語字幕付き。

このオペラは見たことないですが、珍しい公演のようなので取り上げました。

ローマの将軍シーザー(チェーザレ)エジプト女王クレオパトラや国王プトレマイオス13世(トロメーオ)との物語で、カエサルのエジプト遠征の話とのこと。

公演日は、2015年5月23日(土)と24日(日)。
会場は、新国立劇場中劇場です。

配役は以下の通り。

配役 5月23(土) 5月24日(日)
ジューリオ・チェーザレ 杉山由紀 成田伊美
クレオパトラ 田崎美香 髙橋維
セスト 今野絵理香 田川聡美
コルネリア 池端歩 土屋優子
トロメーオ 福間章子 安本ゆか
アキッラ 勝村大城 加耒徹
クーリオ 杉浦隆大 白岩洵
ニレーノ 西谷衣代 濱野奈津美

指揮:鈴木秀美
演出:菅尾友
合唱:二期会合唱団
演奏:ニューウェーブ・バロック・オーケストラ・トウキョウ

チケット一般販売 / 二期会ニューウェーブ・オペラ劇場「ジューリオ・チェーザレ」(エジプトのジュリアス・シーザー)

東京二期会オペラ「魔笛」

東京二期会オペラとして、モーツァルトの「魔笛」の上演を行うようです。

今回はリンツ州立劇場との共同制作公演とのこと。

原語上演(ドイツ語)で日本語字幕付き。
全2幕。

公演日は、7月16日(木)、18日(土)、19日(日)、20日(月)の4日間。
会場は、東京文化会館です。

チケット一般販売 / 東京二期会オペラ「魔笛」

指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス
演出:宮本亜門
演奏:読売日本交響楽団
合唱:二期会合唱団

配役は以下の通りです。

ザラストロ 妻屋秀和(16日/19日) 大塚博章(18日/20日)
タミーノ 鈴木准(16日/19日) 金山京介(18日/20日)
弁者 加賀清孝(16日/19日) 鹿野由之(18日/20日)
僧侶I 高橋祐樹(16日/19日) 狩野賢一(18日/20日)
僧侶II 栗原剛(16日/19日) 升島唯博(18日/20日)
夜の女王 森谷真理(16日/19日) 高橋維(18日/20日)
パミーナ 幸田浩子(16日/19日) 嘉目真木子(18日/20日)
侍女I 日比野幸(16日/19日) 北原瑠美(18日/20日)
侍女II 磯地美樹(16日/19日) 宮澤彩子(18日/20日)
侍女III 石井藍(16日/19日) 遠藤千寿子(18日/20日)
パパゲーナ 九嶋香奈枝(16日/19日) 冨平安希子(18日/20日)
パパゲーノ 黒田博(16日/19日) 萩原潤(18日/20日)
モノスタトス 高橋淳(16日/19日) 青柳素晴(18日/20日)
武士I 成田勝美(16日/19日) 今尾滋(18日/20日)
武士II 加藤宏隆(16日/19日) 清水那由太(18日/20日)

東京二期会オペラのヴェルディ「リゴレット」伊語上演字幕付き

東京二期会オペラがパルマ王立歌劇場との提携公演として、ヴェルディのリゴレットの日本語字幕付き伊語上演を行います。

公演日程は、2015年2月19日(木)、20日(金)、21日(土)、22日(日)の4日間。
会場は、東京文化会館大ホールです。

チケット一般販売 / 東京二期会オペラのヴェルディ「リゴレット」伊語上演字幕付き

指揮:アンドレア・バッティストーニ
マントヴァ公爵:古橋郷平(19日/21日):山本耕平(20日/22日)
リゴレット:上江隼人(19日/21日):成田博之(20日/22日)
ジルダ:佐藤優子(19日/21日):新垣有希子(20日/22日)
スパラチフーレ:ジョン・ハオ(19日/21日):伊藤純(20日/22日)
マッダレーナ:谷口睦美(19日/21日):加藤のぞみ(20日/22日)
ジョヴァンナ:与田朝子(19日/21日):小泉詠子(20日/22日)
モンテローネ伯爵:長谷川寛(19日/21日):泉良平(20日/22日)
マルッロ:加藤史幸(19日/21日):山口邦明(20日/22日)
マッテオ・ボルサ:今尾滋(19日/21日):渡邉公威(20日/22日)
チェプラーノ伯爵:原田勇雅(19日/21日):野村光洋(20日/22日)
チェプラーノ伯爵夫人:杣友惠子(19日/21日):成田伊美(20日/22日)
マントヴァ公爵の小姓:小倉牧子(19日/21日):宮澤彩子(20日/22日)
合唱:二期会合唱団
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

東京二期会オペレッタ「チャールダーシュの女王」

国内で人気を二分する団体の東京二期会が、オペレッタ「チャールダーシュの女王」の上演を行います。

知らないオペレッタでしたが、作曲は1915年で無調作品かなと思いましたが、YouTubeのPVを聞く限りでは調性音楽みたいです。
エメリッヒ・カールマン:『チャールダーシュの女王』全曲

ちなみにこちらのページによると「女王」は間違いらしいです。
《チャルダッシュの女王》 の題名は間違い
正確には侯爵夫人であり、女王は誤訳と言って良さそうです。
これは貴族の元婚約者が貴族から捨てられたことを皮肉ってつけられたアダ名だそうです。
暗い話に思えますが、オペレッタなんですよね……どういう話なのか逆に興味をそそられました。

公演日は、2014年11月22日(土)、23日(日)、24日(月)、26日(水)の4日間。
会場は、日生劇場です。

チケット一般販売 / 東京二期会オペレッタ「チャールダーシュの女王」