東京交響楽団 早坂文雄 左方の舞と右方の舞

東京交響楽団の名曲全集シリーズ第100回として、早坂文雄の左方の舞と右方の舞の公演を行います。

聞いたのことのない曲ですが、1982年に外山雄三指揮、N響の演奏による録音があったので聞いてみました。
外山/N響:早坂文雄:左方の舞と右方の舞
邦画の映画音楽ぽいですね。
実演で演るのは珍しいでしょうから取り上げました。

チケット一般販売 / 東京交響楽団 早坂文雄 左方の舞と右方の舞

プログラムはちょっと統一感ないですけど……何か繋がりがあるんでしょうか。

メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
早坂文雄:左方の舞と右方の舞

指揮:準・メルクル
演奏:東京交響楽団

チケットぴあ

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック情報へ 人気ブログをblogramで分析 ブログランキング 音楽ブログランキング