ウィーン弦楽四重奏団2014最後の日本ツアー

ウィーン弦楽四重奏団の最後の日本ツアーが各地で行われます。
ウィーン弦楽四重奏団は今年で結成50周年ですが、これを期に活動を停止するそうで、「最後の日本ツアー」となっています。
しかし50年も続いたのは凄いですね。

曲目も死と乙女は共通なものの、各地で異なるものを演るようです。

2014年11月20日(木) チケット一般販売 / 紀尾井ホール

モーツァルト:弦楽四重奏曲第17番「狩」
モーツァルト:ピアノ四重奏曲第1番(ピアノ:遠山慶子)
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」

2014年11月22日(土) チケット一般販売 / 埼玉県所沢市民文化センター

ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」
モーツァルト:弦楽四重奏曲第19番「不協和音」
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」

2014年11月23日(日) チケット一般販売 / 三重県文化会館中ホール

2014年11月29日(土) 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」  
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」  
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」 

チケットぴあ

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック情報へ 人気ブログをblogramで分析 ブログランキング 音楽ブログランキング